桑野社会保険労務士事務所ニュース

更新96/07/04

会計検査院による社会保険事務所の検査について

6月24日(月)から28日(金)までの間、行われた会計検査院による社会保険事務所の検査についてお知らせします。

趣旨:医療法人の社会保険未加入問題について

場所:大阪府内の社会保険事務所において

内容:法人である医療法人は社会保険(厚生年金保険・健康保険)が強制適用される。 しかし、多くの医療法人では医療保険は国保組合に加入しているが、厚年には加入していないため加入を促進する。

指摘内容:●社会保険に加入していない。
     ●国保組合に加入している場合の健康保険の除外申請が提出されていない。

私の推測:

昨年度は建設業の国保組合、今年度は医師の国保組合が検査された。 これからも国保組合は狙われると思います。 来年度は理容業美容業の国保組合か?(全くの憶測ですが。) ただし、国保組合に加入している事業所や業界団体が大きな業種についてはこれからも狙われます。 自発的に加入すれば保険料はそうでもないですが、こういう検査の後に入ると最高2年前の保険料まで徴収されます。

時短奨励金の支給条件の緩和

前号でもお知らせしましたが、時短奨励金が支給されやすくなりました。 1時間未満の時短でも支給されます。 (詳しい条件については当事務所までお問い合わせ下さい。) また、省力化投資については以前は150万円であったものが100万円まで引き下げられました。

国民年金第3号被保険者の特例届出

サラリーマンの奥さん、この手続をしないとホンマに年金がもらえないかも知れませんよ! 来年の3月31日までです。

バックナンバー
96/05/17
96/06/17

このページに関する、お問い合わせ、または苦情などは下記まで。
kuwano@mbox.inet-osaka.or.jp

業務案内のページに戻ります。