桑野社会保険労務士事務所

時短の手法


 平成9年4月から週法定労働時間が40時間へ移行します。  スムーズに40時間に持って行くにはどうすればよいか。  このテキストを上から読んでいけば週40時間に持っていけるよう考えました。  参考になれば幸いです。  なお、就業規則の作成義務のある事業場では、就業規則の変更をお忘れなく。


1.今、週40時間を超えていますか

週40時間以下であれば特に時短の必要はありません。 週40時間を超える週があるならば、時短の必要があります。

2.時短に対してどのように対応されますか

1日の所定労働時間を短縮する

休日を増やす

このどちらか一方、または両方を採用する必要があります。

(1)1日の所定労働時間が8時間:完全週休2日制を導入する必要があります。
(2)1日の所定労働時間が7時間:1ヶ月単位の変形労働時間制を導入すれば、月2回の週休2日制でも週40時間をクリアできます。
(3)連続する2週で、所定労働時間が80時間以内:2週間単位の変形労働時間制を導入すればクリアできます
 この方法を採用したい:14日間で3日の休日を設けますので、1日あたりの所定労働時間は最高80時間/(14日−11日)になります。(約7時間16分/1日)

(4):前記(1)〜(3)以外の方法を検討

次の方法で検討して下さい

3.週休2日制にするための休日の設定の仕方(例)

1.日曜日が休日の場合、土曜日を休日にする。
2.月曜日から金曜日に祝日を含む場合、土曜日を出勤日にする。
3.1ヶ月単位の変形労働時間制を導入する。
 ・1日の所定労働時間を上旬、中旬、下旬などで変える方法
 ・週平均40時間を超える月だけ休日を増やす方法

4.1日の所定労働時間を変更する

注意点
1.休憩時間はなるべく1時間とする
2.休憩時間をあまり長く設定しない

5.業務の見直し、生産性の向上、行程の見直しなどで仕事を再点検する

事務の方も整備工場の方も同じ問題です。 書類を探していませんか。 工具や部品はきちんと区分けされていますか。 これらは労働強化ではないと考えます。 従業員の方の協力も必要です。

6.賃金の問題

時短を行うと、時間単価はアップします。 この場合のテクニックについては、色々ありますがこのページでは書きません。

以上の方法で時短をお願いします


みなさん、どうでしたか? 参考になりましたか?

 時短の手法になっていないかも知れません。 もう一歩踏み込んだものが出来れば良かったと思います。  事業所や業界の事情、給与の関係を考慮していませんので、その分にはご勘弁願います。

どちらにしても、完全週休2日制を導入しないならば、変形労働時間制の採用は必須です。
1ヶ月単位の変形労働時間制で週40時間をクリアするには、それぞれ
 31日の月 40時間×31日/7日=177.14時間/月
 30日の月 40時間×30日/7日=171.42時間/月
 29日の月 40時間×29日/7日=165.71時間/月
 28日の月 40時間×28日/7日=160時間/月
を下回らなければなりません。参考まで
また、フレックスタイム制やみなし労働時間制の導入も時短に有効です。

社会保険労務士は時短のコンサルタントや、時短奨励金の申請代行、就業規則の変更手続を行います。
お気軽に当事務所までお問い合せ下さい。(C)KUWANO

このページに関する、お問い合わせ、または苦情などは下記まで。
kuwano@mbox.inet-osaka.or.jp

業務案内のページに戻ります。