大阪社労士事務所

社会保険労務士の仕事は?

知ってそうで、分かりにくい「社労士」の仕事

社会保険労務士は、社会保険労務士法に基づき官公庁に提出する書類を作成・提出代行する国家資格者です。
社会保険労務士の多くは、税理士の先生と同じように企業に顧問として受託契約を結び、月々の顧問報酬がメインの収入となります。
人事労務管理に関する報酬がメインの社会保険労務士の先生は、それだけコンサルタント能力の高い先生だと言えます。
社会保険労務士の業務を以下に列記します。


1.労働基準監督署・公共職業安定所・社会保険事務所などに提出する書類の作成・提出の代行

 いわゆる「代行業」です。  労災、雇用保険、健康保険、厚生年金保険、国民年金などの書類を作成します。
 分かり易く言えば、従業員を採用したときの「資格取得」の関係の書類、従業員が退職したときの「資格喪失」の関係の書類を作ります。  また、従業員が病気、ケガをしたときの「健康保険」や「労災」の給付に関する書類、もちろん「年金」の請求書も作成します。

2.労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類(賃金台帳、労働者名簿など)の調製

 労働基準法では、従業員を雇ったときには賃金台帳や労働者名簿、出勤簿(タイムカード)などを備え付けなければならないとしています。  これらの書類は必ず要るものばかりです。
 備え付けていない場合には、労基法により罰則を科せられることがあります。

3.人事労務管理に関する相談・指導・企画立案

 いわゆる「コンサルタント業務」です。
 日常の労務に関する相談を受けることもあれば、例えば、フレックスタイム制の導入、賃金制度の変更、退職金制度の設計、時短の実施方法、などの企画立案を行うこともあります。 (これらは一例です。)

上記3つは社会保険労務士法第2条第1項を述べたものです。

例示した以外では、年金相談、就業規則の作成などがあります。

社会保険労務士の仕事の一端をご理解いただけましたか?

皆さん、会社における「人事部」や「労務課」をイメージして下さい。 社長さんが貴重な時間を消費して「社会保険」や「給与計算」を勉強する必要はありません。 事務員さんが前例だけで処理できるほど、これらの事務は簡単ではありません。

社会保険労務士という専門家にお任せ下さい。

メリット1:事業主様は本来の企業運営へ力を傾注できる。
メリット2:国家資格者ならではの安心感。法律で守秘義務が決められています。
メリット3:適正かつ迅速な事務処理。
メリット4:コストパフォーマンスは良
もちろん、人事労務制度の専門家ですので、これから規模を拡大される会社にとっても有効な相談相手です。

報酬規定は、ここをクリックして下さい。


このページに関するお問い合わせ、または苦情などは下記まで。
kuwano@mbox.inet-osaka.or.jp

業務案内のページに戻ります。